俵山 熊本

晴 
雲が多く午後から崩れそうな天候なので俵山へ翁草を探しに出掛けました。が、スニーカーで行ったもので思わぬハプニング!途中で私のスニーカーの底がパックリ割れてしまい、しかも両靴
( ̄□ ̄;)!!以前清栄山でK2のスニーカーがパックリ割れテーピング用のテープで、どうにか事無きを得たのに。今回はテープも置いて来ていました。近場と舐めきり学習できていない大ばか者です。それにしても登山靴は理にかなった優れものと痛感し、深く反省しました。
仕方なく泣く泣く下山しようと決断した時に目的の翁草に出合い救われました(*ё_ё*)

産交バス高森号で揺ヶ池着萌の里発11:25→50分標高500M辺り→55分泉力の湯着→タクシーで熊本空港→バス
実歩行時間1時間45分

俵山萌の里(揺ヶ池)コースはこちらのページへ
俵山峠コースはこちらのページへ


この季節には珍しく霞が取れ標高500M辺りからですが素晴しい展望でした
左から天草観海アルプス・宇土半島・雲仙・金峰山・八方ヶ岳・鞍岳

萌の里でお弁当購入し左上の駐車場のあるの登山道へ 左下が萌の里 先ずは鉄塔を目指します
休憩を誘うかのような露岩が目立ってきます 野焼き後に早くも草が芽吹いています 俵山前衛の山には桜が咲いていました
ここでハプニング!シューズの底が取れ無残。。。応急処置としてサブのニットグローブを裏返し靴にすっぽり被せて念の為、靴紐で縛りました。何はともあれ上出来上出来(-_☆)


−翁草−
おきなぐさ

キンポウゲ科オキナグサ属で草丈は10cm程 花は鐘形で下向きに開花します
全体白い毛で覆われているので後側から見ると分かりにくい(・。・)
可愛いですぅ(=^. .^=) 名前の由来は花が終わった後の実が翁(爺)の
髭に似る事から(この写真は一昨年4月末)

五足のわらじ
山INDEXへ