阿蘇烏帽子岳(えぼしだけ)1337M熊本


草千里(標高1140M)から見る阿蘇烏帽子岳手前の丘は寄生火山の駒立山(1157M)


山頂から見る阿蘇高岳(1592M)と中岳(1506M)・中岳の噴煙


山開き後の阿蘇烏帽子岳はイワカガミが満開!!新たな登山路のほうが、より多くの群生が見られました。登りで40分位の筈が狂喜乱舞の花写真撮影でかなり時間がかかりました(*^m^*)

仕事を終えたT1とM1に草千里で合流し、車で山頂がユニークな御竈門山の登山口の下見へ。尾根が極端に狭そうなのでの後日改めて無風の日に登頂する事に(^-^)//""

九州産交バスやまびこ号でJR阿蘇駅下車→阿蘇山上バス→阿蘇火山博物館草千里下車。博物館に土産物店・コインロッカー・トイレ有り
草千里→15分地獄垂玉ルート出合→35分山頂→30分草千里     実歩行時間1時間20分
今迄、下山路には東淵に廻り車道へ出ていたので遠回りになっていましたが、草千里へ降りる道が拓かれていたので随分ショートカットできましたm(~o~)m


イワカガミ
リンドウ マイズルソウ スミレ


阿蘇登山道阿蘇山上行バスからの車窓  放牧馬が仲良く戯れていました。  右は北外輪山と久住連山


草千里(側火山の草千里ヶ浜火山の火口跡で左右に池)
正面に杵島岳11:25
リンドウ・スミレ・マイズルソウとお花畑の草千里右側の
池を廻って西縁へ
西縁を上がると直ぐに地獄垂玉ルートと出合います11:40
眼下には俵山(1095M) しっかりとした登山道と団体登山者の列が見えます ミヤマキリシマと潅木の登山道
賑わう山頂12:15 大勢の登山者で休憩の場所探しに右往左往 山頂尾根から左が下山路右が山頂 山頂から見る南側の断崖と御竈門山



恒例、山頂から見るウルトラマンor太陽の塔(目は二つの池と鼻は駒立山)

13:00下山 草千里へ下りる登山路発見!!ラッキーです(^з^)-☆ 此処に出ました囲いがあります
あっ!T1発見( ^ ^)r゛゛ 駒立山へ13:30 右奥が東淵  駒立山から 御竈門山登山口  正面は烏帽子岳



池の窪園地(夜峰山登山口)から見る御竈門山


五足のわらじ
山INDEXへ
県別山
INDEXへ