大船山たいせんざん1786.2M北大船1706.0M 大分県九重山群

2010年8月17日
法華院温泉山荘で迎える朝。。さすが山宿、朝5時に「オリオン座が見えた〜」という子供達の声で起こされました。

早起きも苦手な私は眼を覚ますべく朝日を見に朝風呂(朝7:00迄入浴可)に入りましたが大船山に掛る雲が朝焼けで
美しく染まった時、カメラを忘れた事に気付きました。やはり、まだ寝惚けていました。6時頃風呂上りに窓からボーっと
外を眺めていると先程の声の主、小学生と思われる子供が3人お揃いの白タオルで元気に出発して行きました。付き添う
大人の姿は見なかったのですが、何故かカッコ良く見えます。その後ぞくぞくと若者達も出発して行きます。朝食は6時
半からです。私は食後直ぐには動けません(面倒くさい体質です)健脚のT1は食事後既に準備を整え待ちくたびれて
おりました(お気の毒) 朝雲が掛る生憎のお天気の中7:50分に法華院を出発。  大船山からの大展望望めなかった
ので北大船へ行き天気が回復するのを随分待ちました。待った甲斐があり久住山群をどうにか垣間見る事が出来ました。



北大船山から見る真夏の大船山と段原



白口岳から見る昨日登山の立中山(手前)と大船山(正面)
2008年10月12日撮影


段原から見る北大船


曇のち晴のち雨
法華院温泉山荘→10分登山口→100分段原→25分大船山山頂→35分北大船山→100分登山口→15分法華院山荘
→105分吉部登山口駐車場
  実歩行時間6時間30分(今迄の山行きで最高の長歩きになりました))

6:50分法華院での朝食です 7:50分出発〜  坊ヶツル湿原を歩いて行きます
8:00避難小屋前の登山道入口 左は平治岳への道 登山道に入ると暗い樹林帯でいきなりの滑りやすい悪路なります(¬_¬)
坊ヶツルへの別の登山道標識8:50 暗い道からやっと展望が開けました(^O^)/眼下に立中山9:05
まだまだ同じ様な道なりが続きどの辺り迄登ったか皆目検討が付きません
山荘から出発して行った先程の子供達や若者が、もう降りて行きました
9:40やっと段原到着。 小休止します
かなりの雲が掛っています。 大岩からなる山頂へ 10:10山頂着



一瞬、姿を現した山頂下の火口跡の御池

天気の回復を暫く待ちますが視界不良です 岩に打ち込まれた三角点
10:40待望の大展望は諦めて北大船へ 右に米窪、正面は段原火口原 11:11段原近くの避難小屋
見通しの良い段原 北大船は目前 山頂着11:15 やっと青空が。ラッキー(^^)/~~~


久住山群最高峰の中岳と天狗ヶ城  白口岳・稲星山三俣山立中山
望む事が出来ましたが久住山は望めませんでした



威風堂々、存在感のある三俣山

法華院山荘の山弁当 11:45分展望を堪能お腹も満たし、再び段原を経て往路を下山します
軽石が滑りやすいので慎重に下ります 登山口着 13:40坊ヶツル

坊ヶツルを経て法華院山荘で休憩していると雨が降り出し雨具着用すると止みザックに雨具を仕舞うと
今度は本格的な雨。結局、吉部駐車場迄雨に遭ってしまいました。今年は特にお天気が不安定です。

坊ヶツル・立中山・大船山で出会った花々

イブキトラノオ サワギキョウ ミソハギ ワレモコウ ソバナ
オカトラノオ ノギラン コバギボウシ キリシマヒゴタイorホクチアザミ?
ノカンゾウ? ママコナ フウロソウ
フクオウソウ シモツケソウ ホタルブクロ
タマゴダケ?の群生 スギゴケ? コケモモの実


五足のわらじ
山INDEXへ
県別山
INDEXへ