小国[おぐに」 熊本

2010年10月16日素晴しい秋晴。パワースポット押戸ノ石樹齢千年の大銀杏下城滝・鍋釜滝・CMで御馴染み鍋ヶ滝へ。
前回、押戸ノ石を訪れた時は、まだ話題になる前で生憎のお天気だったのですが、この日はお天気にも恵まれ又、
草刈の直ぐ後で美しいすすき野に阿蘇・九重連山と360度ビューで感激しました。翌朝刊掲載の[阿蘇草原再生」に
取組む関西学院大学生ボランティア団体らしき赤のつなぎを着たグループも見られ爽やかな印象を受けました。

※小国の観光パンフレットサムネイル画像です。クリックすると拡大

※押戸石公園へは南小国南西部と阿蘇西湯浦を結ぶ農免農道(マゼノミステリーロード)に看板設置の
入口(駐車スペースあり)が2箇所程あります。公園迄の道は狭いので徒歩がお薦めです。

押戸ノ石(おしとのいし)石群南小国



年甲斐もなく思わず走り回りたくなるような素晴しい景観です


四千年前のシュメール文字が刻まれているという大岩



駐車場から山頂迄徒歩10分位です ボランティアの学生さん達 九重連山
正面が南で東西南北に石が並んでいます 四周雄大な景観  正面に阿蘇山群


皆でパワーを戴き!!

前回同様、山頂付近で、たくさんの花を見る事ができました。
が、悲しい事に夫婦連れがセンブリを大量に摘んでいました。しかも堂々とです(悲)
ウメバチソウ マツヨイグサ センブリ アキノキリンソウ

前回、2008年8月の押戸ノ石のページはこちらへ


ゆうステーション2階に観光パンフあり ゆうステーション前は電車が走っていたんですね 本日の昼食カモそば


下城の大イチョウ・下城滝・鍋釜滝小国

※大イチョウの説明板


木の周りの土地養生の為、立入禁止になっていましたが、数人中に入り銀杏の実を拾っていました

両滝は大イチョウのすぐ近くで歩いて廻れます
駐車場に案内標識 下城滝吊橋 歩ける鍋釜滝の上部。此処を上がれば大イチョウ


鍋ヶ滝小国



入口の売店 滝迄10分程ですがスニーカーがお勧めです。マムシに注意の立看板もありました 滝の裏は右へ



マイナスイオンたっぷりの滝裏


五足のわらじ
山INDEXへ
県別山
INDEXへ