八方ヶ岳(やほうがだけ) 熊本

国見山 から望む八方ヶ岳

晴!本日参加はK1/K2/T1/T2 4名。
かねてより健脚T1念願の奇怪な山容を成す八方ヶ岳へ。
臆病者の私くしK1K2は国見山から、そのお姿を一目見て恐れをなし頑なに拒否し続けていたもののとうとう・・・。llllll(-_-;)llllll
しかし、往路は変化に富んでいて楽しい山歩きに。これまでの山歩きで、ある程度脚力も度胸もできたようです。山頂は展望は確かに素晴しいのですが、ガイド本には草原と記してあったので、広〜い広〜〜いキャッチボールでも出来るほどかと勘違い。そんな事はありません。( ̄∇ ̄; !!それでも、の〜んびりできました。

菊池市と山鹿市の境にある八方ヶ岳(矢筈岳)。矢谷渓谷、キャンプ場を抜けて駐車し、(何箇所かの駐車場あり)矢谷橋を渡り左の登山口(右は林道)から登ります。復路は山ノ神方面へ急降下で林道へ。
今回、ナント山頂で知人と遭遇、低山ハイキングを始めて2年経ちますが、知り合いと出会うのは始めて。ビックリw('o')w ご家族連れでなんとも微笑ましい(#^.^#)
登山口→60分穴川分岐→60分山頂→5分山の神分岐→70分林道出合→45分登山口  
                                       実歩行時間4時間

矢谷橋を渡り、登山口案内標識あり9:45 登山口9:52 谷沿いの登山道
谷を横切ります10:30 穴川分岐10:45 網が張ってあります11:02
大岩と急崖の間をを慎重に。下は渓谷源流の涸れ滝 様々な奇岩・巨岩も多く見られる11:13
斑蛇口(はんじゃく)分岐11:33落葉が心地良い 山ノ神分岐11:40
山頂間近!!稜線漫歩。飛ばします 山頂へ ゴール!11:45


さすが九州百名山! 賑う!山頂

雲仙・阿蘇・久住・津江三山と四周肉眼では見通せるが、カメラを通しては、ぼやけてしまう

復路は山ノ神分岐へ12:55 長〜い桧の植林帯と短いジグザクの急坂を繰り返し
道に出ました。振り返って見ましたが(右)目印や案内が無くこちらからの入山は解りづらいでしょう14:05 カニのハサミ岩が見えます14:18
写真撮影しながら快適ハイク14:28 此処に出ました。ロープが張ってあります14:35 登山口着14:50

ツルリンドウの実


          

五足のわらじ
山INDEXへ
各県別
山INDEXへ