越敷岳 こしきだけ熊本・大分

晴のち曇
九州百名山の越敷岳へは大分県の竹田から緩木山・越敷岳縦走ルートが一般的なのに又、ショートカットして熊本高森町の上津留から登った為に登山口を捜すのに往生しました。上津留の案内標識は見つけたものの、その先に大きく分れ道が・・標識ナシ。右はわずかな下りの舗装道で左はいかにも登山道らしいので進むと行き止まり引き返しやっと、神原の登山口へ到着。

越敷岳から緩木山頂迄は行かずに縦走路のみ歩くつもりが山頂からの下りが結構急坂を降りるので登り返しを考えると・・・・・・即刻!引き返し往路へ。根性無しです。まったく。。。
この日は可愛い子狐と遭遇、真っ黒な蛇も見かけました
登り20分下り30分 実歩行時間50分
標識見つけホッ 駐車場 ぬかるんで獣の足跡 左へ
正面突起岩が山頂 急坂が続きま 途中にある大岩
眼に青葉・・・新緑が美しい 竹田久住野と高森津留との分かれ 山頂直下の大岩を右へ
 飲めば知恵の付くと云う御神水。マジ? 山頂です。誰もいません(寂) 山頂の祠 何故か埴輪
もう一つの祠  小越敷岳とあります 真下に神原の登山口
山頂からの眺望
清栄山??
下りはロープを伝って降り山頂基部を回り込み洞窟の中を通り抜けます この岩が洞窟
洞窟 此処に出ます 慎重に
此処(左)で断念往路へ引き返しました 筒ヶ岳(正面)も良さそう

         

五足のわらじ
山INDEXへ
各県別
山INDEXへ