普賢岳ふげんだけ[長崎県]

フェリー船内掲示の非常の際の心得 ※本日のルート図 クリックすると拡大図になります
山地図は雲仙の[雲仙お山の情報館]で頂けます

本日快晴!! 7月から週末は悪天候続きでT2も持病となってしまった痛風に悩まされ久し振りのハイキング。今回は遅めの夏休みをとり、2泊3日で雲仙へリベンジ(去年訪れた際は霧で一切何も見えぬ野岳のみ)
この日は真夏の酷暑で、歩き出して10分足らずで汗びっしょり。疲れは倍増。
ホテルで体重を量ると、2キロ減!しかし夕食時の乾杯!!でリバウンド

雲仙仁田峠循環道路は2009年4月より無料

仁田峠駐車場→仁田峠展望台(ロープウェイ乗場)→(ロープウェイで5分)ロープウェイ妙見駅→30分国見岳分岐→23分もみじ茶屋→27分普賢岳山頂 
普賢岳山頂→65分仁田峠展望台
   実歩行時間2時間25分
熊本港から熊本フェリーで島原港へ12:00 雲仙仁田峠展望台(ロープウェイ乗場) ロープウェイから見る野岳
妙見岳・国見岳・普賢岳への登山口13:55 T2は、足に痛みがあるようです 妙見神社で参拝し左へ進みます
国見岳分岐 ドーム状の国見岳一般登山者は登頂欲をそそられるのでしょうが・・・・ここは時間も無いし次回という事で我々は無視して普賢岳のみ もみじ茶屋(鞍部)へ降ります
もみじ茶屋(御茶屋ではありません( -_-))14:48 険しい登り。。もう限界 普賢神社とうちゃ〜く15:16

1990年、200年ぶりの大噴火で誕生した溶岩ドーム、日本で一番新しい山、
平成新山
が目前に迫る普賢岳山頂

山頂から一際目立つ野岳

復路はあざみ谷ルート 噴火で立ち枯れた白骨林と平成新山 仁田峠展望台(妙見岳登山道)へ出ました

キンミズヒキ ツルリンドウ ヤブラン アマドコロorナルコユリの実
ヤマホトトギスの群生

 

本日から2泊お世話になる雲仙小地獄にあるKKR雲仙山荘。 部屋からは高岩山が見えます 今夕食は長崎ならではの卓袱料理!画像は、ほんの一部で食べきれない程の料理が運ばれて来ました


五足のわらじ
山INDEXへ
各県別
山INDEXへ